• 展覧会

Photo Exhibition – ‘Tracey Meets Esprits Animaux in KOKUBUNJI’

  HP用裏
‘Tracey Meets Esprits Animaux in Kokubunji’

日時: 2021年10月17日(日)〜11月21日(日)12:00-18:00 月休    ※ 11月3日(水)文化の日は開廊致します。
場所: 丘の上APT/兒嶋画廊 (東京都国分寺市泉町1-5-16   Tel.042-207-7918   Mail: eakojima@gmail.com

※ 今展示会場では、那倉幸一氏による映像作品《MS.TRACEY WEARS ETHNIC COSTUMES》の上映もございます。
※ 同時展示 「国分寺の坂と緑」 撮影 兒嶋俊郎

 

デジタルカタログで全作品ご覧いただけます;

https://issuu.com/toshiokojima/docs/traceymeets_digitalbook

 

この展示の注目点は、カナダ・モントリオール出身の中国人女性Traceyが、現在住む国分寺市のギャラリーオーナーと知り合い意気投合し、写真展を開くところです。ギャラリーオーナーの兒嶋は、トレイシーのそのスタイルとプロポーションに予てから尊崇している百済観音の超越的姿を見出し、氏の所蔵するBoroやエスニックテキスタイルの布地をまとって、自然で自動的パフォーマンスで被写体となって欲しいとその願いを伝えました。トレイシーはその想いに対し、自身も百済観音が以前から大好きで、強く共鳴するところがあり、共同制作を了承しました。それに加え、兒嶋と旧知でビデオアーティストの那倉幸一氏が撮影に加わりカラーと白黒の映像作品を制作しました。

トレイシーのパフォーマンスは能の仕舞を取り入れ、時には眼光鋭くにらみつけるような動物的強さも表し、まさにEsprits Animauxにふさわしい所作を演じています。撮影の様子は、那倉氏による映像作品「Ms.Tracey wears ethnic costumes」(youtubeチャンネルkoichi naguraにて公開中)でご覧頂けます。

また兒嶋はトレイシーのポーズを切り取り、国分寺の自然の中にモンタージュし、シュールレアリスムに通じるような写真を合成しました。

表題のエスプリザニモーはシュールレアリストやダダイストがつくりだした言葉で、人間の中に宿る動物精気を意味しています。今回も、能と非日常的空間構成が反応し合う幽玄な世界として不思議な世界を現出させています。

是非ご高覧のほどお願いいたします。

 

This photo exhibition started with the encounter of Tracey, a current locale of Kokubunji, Tokyo, with a Montreal-China background, with the owner of Kojima Gallery, Mr. Kojima Toshio. 

Toshio thought of the Kudara Kannon from 5th – 7th century when he met Tracey the first time, while Tracey was enthralled by the boro (patched Japanese textile) and ethnic textile in the Gallery. Without much discussion or plans, they simply started their collaboration, where Tracey wore or wrapped the textiles on her body, and let the clothes move, and Toshio captured fleeting moments with camera. Tracey, although not a professional dancer, is practicing Noh dances and singing. Sometimes, Tracey stares into the camera like an animal preying in the wild.

They also invited the video artist, Mr. Koichi Nagura, who created colored and black-white videos of the performance. Further, Toshio made photomontages with everyday scenery of Kokubunji, a popular residential area blessed with ancient trees and traditional temples.

The title, Esprits Animaux, implies connections with surrealism and dadaism, as well as extending the imagination to an unusual and sublime space that reminds of the Japanese traditional performance, Noh theater. As such, the exhibition to some extent reflects the world of Yugen, an untranslatable word that allegedly describes one of the most essential elements in Noh theater, as well as connected to tranquility, mystery and depth in pre-modern Japanese art. 

 


 

浅春の一日、ご近所にお住いの友人、小坂まさ代さんが、嘗てリオンの社員寮だった「ぶんじ寮」に住んでいる、カナダ出身の中国人女性トレイシー・スーイさんを画廊へ連れてみえました。トレイシーさんは長身で顔も小さく、美しいプロポーションに思わずハッとしました。色々話をきくうちに、モントリオールではモデルもしていたということで、なるほどと思いました。ニューヨークの有名な法科大学を卒業してアメリカの弁護士資格も持っていて、来日してからは東京大学でも6ヶ月間短期留学で学んでいたという、超インテリさんです。しかし、そんな頭脳明晰さが直接表情の佇まいには表れず、私には慈愛に満ち溢れた百済観音の姿に見えました。

法隆寺の国宝百済観音がルーブル美術館の特別展示の後、東京国立博物館で帰国記念展が開かれた折に、初めてその尊影に触れ、凄まじいまでの神々しさに打たれことを、まざまざと思い出しました。話をするうちにトレイシーさんも百済観音が大好きだというので、なんというご縁かと思いました。そこで、私はカメラマンでもないのに、失礼も顧みず貴女の写真を撮らせていただけないかとお願いしてしまいました。それも、藍染の襤褸や少数民族の貫頭衣など私が収集している古布を纏ってです。いきなりの不躾なお願いにも関わらず、全く幸いにも承諾を得ることができました。その日はボロや古布を見て頂きました。撮影は後日を約束して、友人の映像作家の那倉幸一さんにもお声かけしてスチールと動画の二本立てで行いました。撮影はこちらから、ポーズや目線などほとんど注文付けは無しで全くのアドリブで行いました。さすがモデルをやられているだけあって全く堂に行っているものでした。室内の後は画廊の周りや市内の緑地や公園などを回って撮影しました。

そうこうしているうちに、私の頭の中で、国分寺のいろいろな場所にトレイシーさんが現れて欲しくなり、別に撮った風景の中にモンタージュしてゆく考えが浮かび上がってきました。毎朝の散歩の中で出会ったパワースポットのような景色の中に彼女の立ち姿を花を活けるように挿入してゆきました。彼女が意識していない場所に、天から降ってきたように佇む画像は、まさに観音来迎図のようなシュールなものになりました。

画廊や、屋外で撮った画像にそれらの写真も加わり素敵な展覧会になると確信しております。トレイシーの写真の他に兒嶋自身の写真や市内の風景写真も同時に展示いたします。

兒嶋俊郎
 

I first met Tracey in early spring. Tracey came to visit my gallery and I got to know that she currently lives in a shared community dormitory in Kokubunji, and came to Japan after becoming a lawyer in the U.S. as a Chinese Canadian. I was deeply impressed by her wisdom, international background, and straightforward and genuine posture. Looking at her, I thought of my cherished buddhist sculpture, Kudara Kannon of the Horyu Temple.

I encountered Kudara Kannon for the first time at the Tokyo National Museum. Upon seeing the sculpture, I was instantly stricken by various memories. What’s more, Tracey’s favorite buddha is also Kudara Kannon.

Although I am not a professional cameraman, I invited Tracey to wear the ethnic clothes and costumes of abriginal people, and took photos while Tracey was moving freely.

After taking the photos, I somehow wanted to combine those images with the wildness of kokubunji. Therefore, I made photomontages using the scenery pictures taken during my morning walk. These photos present the images of Kannon coming to the secular world and appearing in the greens of Kokubunji.

We hope that the photos of Tracey and Kokubunji will make this a wonderful and stimulating exhibition to all the viewers. My scenery photos of Kokubunji will also be exhibited.

Kojima Toshio

 


 

エトランゼ(異邦人)である私が、石器時代や縄文時代からの遺跡が残る国分寺に、たまたま来たのは今から約2年前です。ここ国分寺では様々な人々と出会い、多くの友人を得たり、また新たな出会いを作ることができました。そんなご縁の中で友人の小坂さんと一緒に初めて訪ねたギャラリーのオーナーの児嶋さんから、一緒に写真を撮るという話を突然持ちかけられました。

児島さんからのオファーはコレクションしているエスニックな衣装や布地を纏って自由にポーズしてくれないかということでした。ギャラリーの横にある布の倉庫には藍染めの襤褸やエスニックなテキスタイルが沢山あり、私も初めて実物を手にとって触れことができました。それらの中からいくつかを纏って立ってみると、画廊内の木の彫刻のオブジェや展示してある絵画などと、自分の中に潜んでいたEsprits Animaux(動物精気)が繋がってゆくように感じ、自然に動きが湧き出てきました。画廊内を出て近くの場所に出かけて撮影もしました。起伏の多い地形と自然の緑が美しい国分寺の住宅地や田園の中で撮った写真は自分にとって新たな発見にもなりました。それとは別に児嶋さんが市内の変わった風景をアイフォンで撮った中にモンタージュされた自分の姿を見出すことも予想外のシュールな体験となりました。

撮影に使った藍染めの襤褸やアフリカの民族衣装などは、時間と空間の積層を身に纏ったような感覚で、今も私の中に太古からの風とリズムを残してくれています。児島さん自身が藍染襤褸を纏って自撮りした写真も一緒に展示されるようです。
今回の写真展が国境や人種を超えて多くの人々の胸に届くことを楽しみにしています。

2021年10月    トレイシー スイ

 

I have been to Kokubunji for about two years as a foreigner, a visitor from the outside. Although I did not realize it at the beginning, Kokubunji is a place embedded with many layers of histories and stories including Jomon-period remains and one of the oldest Buddhist temples, where the name of Kokubunji (ji means temple) derives from.

Once day, my friend, Kosaka san brought me to the Kojima Gallery, and Kojima san asked me whether I am interested in taking some photos together. Thinking it would be an interesting project, I willingly agree to the casual collaboration, in which I was able to touch and even wear the authentic ethnic folklore costumes from various cultures for the first time in my life. The boros and textiles enthralled me not only by their exquisite designs and complicated techniques, but also how they vividly revive the histories and cultures of their past bearers. Wearing those clothes and textiles and standing among the paintings and wooden objects in the Kojima gallery, my body starts moving before I intended so.

There, I feel the Esprits Animaux within me, which has been dormant for a long time.

We also went out into the nature and green of Kokubunji to take photos, which brings us even closer the wild spirit in all human beings. Kojima san also combined my photos with other pictures he took with iPhone in Kokubunji, and the surrealism in those montages are unique and impressive.

Even now, I still remember the feelings of the Japanese boros and African folklore costumes, as if they are murmuring an unending epic story beside by ears.

I hope that by viewing these photos and touching the textile works, you can capture some of the stories, of the ancient Jomon Japan, of the destroyed temple, of the current inhabitants in Kokubunji, defying languages barriers and national borders, and feel the Esprits Animaux in you.

October 2021,   Tracey


 

作品の購入予約も承っております。
画廊にて作品をご覧いただくことができます。

 

全作品 (兒嶋俊郎、トレイシーサイン入り)
制作年:2021
サイズ:A2 (42×59.4cm)
プリンター:Canon image PROGRAF Pro-1000
エディション:各作品限定15
価格:¥44,000- (税込)
※フレームをご希望の方はご相談ください。

 

 

Tracey-Ar-12trim    Tracey-Ar-3

 

 

treceyアグラ

 

 

トレーシー桜前

 

 

Tracey-110のコピー                   Tracey-Ar-75

 

 

Tracey-Ar-80                   Tracey-Ar-59

 

 

Tracey-Ar-63                   TME-Ar18

 

 

Tracey-Ar-34                   Tracey-Ar-30

 

 

Tracey-Ar--9trim                   TME-Ar2

 

 

TME-Ar15                   TME-Ar27

 

 

TME-Ar28                   TME-Ar9

 

 

Tracy-wears-_fm4
Photography by Koichi Nagura

 

 

Tracey-Ar-68                   TME-Ar19

 

 

TME-Ar10                   TME-Ar22

 

 

TME-Ar41                   TME-Ar34

 

 

TME-Ar30

 

 

TME-Ar35                   TME-Ar40

 

 

TME-Ar8

 

 

tコラIMG_3772

 

 

TME-Ar7

 

 

TME-Ar6

 

 

TME-Ar4

 

 

TME-Ar38

 

 

TME-Ar39

 

 

モンタージュ〜鐘楼−2

 

Tracey-187茶室

 

 

TME-Ar13

 

 

TME-Ar26                   TME-Ar29

 

 

TME-Ar17

 

 

 

 

TME-TK1                   TME-TK5

 

 

朝の実験−8調整−2                Toshio--2 - SMALL

 

同時展示「国分寺の坂と緑」展示風景

IMG_6415 2   IMG_6416 3

 

IMG_6417   IMG_6956

 


 

 

Movie ‘MS.TRACEY WEARS ETHNIC COSTUMES’ by Koichi Nagura (collaboration with Toshio Kojima and Tracey)