冨田渓仙
KEISEN TOMITA
[1879-1936]
狩野派、四条派から禅画に至るまで幅広く学び、その実力を以て横山大観が千年に一人の逸材と評した画家。